JV134_72A

人生のプランをサポートしてくれる

一寸先は闇という言葉があるように、人生いつ何時問題が発生するのか分かりません。
例えば事故、あるいは病気、その他にも様々な原因によって人生のプランが崩れてしまうということはあります。
こういった問題が発生したとき、その問題をある程度押しとどめることができるのが「保険」というものです。
事前に保険を掛けておくことによって、いざ問題が発生したときに収入が得られるようになり、大幅な路線変更をせずに済む場合があります。

ただ、保険といっても販売している企業は多くあり、さらに1つ1つの保険を見てみても種類が多く、どのような保険に加入すれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
もし誰に取っても最高の保険が存在していればそれをここで紹介して終わりにすることができるのですが、実際にはそうではありません。
というのも、保険は「人によって」適切なものが違っているため、誰にとっても最高の保険というのは存在していないためです。
自分のライフプランやライフステージに合わせて、適切な保険選びをしていくことが重要なポイントとなります。

それでは、どのようなライフプランの人がどのような保険に加入するのが良いのか、ということについてその一例を紹介します。
まずは「シングル」の場合です。
現在シングルの人、あるいは今後もシングルであることを考えている人については、必要となる保険の種類が限られてきます。

というのも、保険をあくまでも「自分」のためだけに掛けることができるためです。
生命保険のように「自分自身」に対してお金が入るわけではない保険については、それほど必要性が高いわけではありません。
加入するとしてもせいぜい葬儀の費用を賄える程度の保険金のもので良いということになります。
ただし、養っている人がいる場合についてはこの限りではなく、ここでいうシングルというのはあくまでも「自分だけを養えば良い人」のことを指しています。

こういった人にとって特に備えて置かなければならないのが、事故や怪我などによって収入が途絶えてしまうこと、あるいは減ってしまうことです。
そういったことに備えるために、医療保険や傷害保険については十分考えて加入を行っておく必要があるでしょう。

逆に「結婚をしている人」「子供がいる人」については、また加入するべき保険の種類が変わってきます。
特に自分がそれらの人に取って経済的な支柱となっている場合、加入するべき保険は自分のためだけのものではなく、家族のことも考えたものである必要があります。
例えば生命保険などもこの場合には重要なポイントとなってくるでしょう。

保険のタイプ

さて、例えば生命保険だけで見ても、大きく二つの種類が存在しています。
いわゆる「貯蓄保険」と呼ばれるものと「掛け捨て保険」と呼ばれるものです。
名前だけを見ると前者の方が優れた保険のように見えるかと思いますが、実際にはこの二つはそれぞれメリットが存在しているため、自分の状況に合わせて利用する保険を選択する必要があります。

まず貯蓄保険というのは、保険の掛け金がそのまま貯蓄されていき、満期を迎えた際に返戻されるようになっている仕組みの保険の事を言います。
そのまま帰ってくるというだけではなく、利息が付いてお金が増えて戻ってくるということがあるため、保険としてだけではなく長期的な資産運用の目的で利用されることもあります。
むしろどちらかというとそちらの目的で利用する場合に適しており、単純に保険の効果のみを求める場合については「掛け金」が高額であるため向いていないこともあります。
また、貯蓄保険の場合でも特約をつけた場合、その特約の掛け金については掛け捨ての設定となっている場合もあるため、事前に特約の掛け金がどちらで扱われるのかを確認して置く必要があります。

これに対して掛け捨て保険というのは、保険料が返戻されることがない仕組みです。
その代わりに保険料が安く設定されており、月々の家計を圧迫しにくいというメリットがあります。