KH041_72A

良い物件を購入する

住宅というのは、その後の生活の拠点ともなる非常に重要なものです。
そのことを考えると、マイホームの購入というのは慎重に行なわなければなりません。
良い物件を購入したいと思えば、その分お金が掛かるということも多く、経済的な観点からも物件の検討には十分な注意を払う必要があります。
それでは、物件の購入時にはどのような点に注意をすると、良い物件を購入することが出来る確率を高めることができるのでしょうか。

まずポイントとなるのが「ローコスト」の住宅を探すということです。
最近ではローコストであっても品質の高い物件というのが存在しており、こういったものを上手く利用することができればリーズナブルに、かつ良い物件を手に入れるということがしやすくなります。
それでは、実際にローコストな住宅というのは、どのような住宅となるのでしょうか。
ローコスト化されている住宅の持っている特徴や、そのメリットなどについて紹介します。

ローコスト化されている住宅は、単純に建築費だけをローコストにしているというものではありません。
住宅建築に掛かる各種費用のローコスト化を行うことで、最終的な金額を圧縮するという方法をとっているため、住宅自体の質を大幅に下げるようなことなくリーズナブルな購入を可能とするというものです。
それでは、ローコスト住宅において節約されているのはどういった費用なのでしょうか。

まずは「設計」の費用があります。
通常住宅の購入時、注文住宅という形で購入を行うのであれば一から設計を行う必要があり、設計のために掛かるお金というのも大きくなってしまいます。
ローコスト住宅に於いては、設計について幾つかのパターンを事前に設定しておき、その中から選択するような形で運用を行うことによって設計に掛かる費用を節約することが可能です。

次に「構造」の費用です。
建築時にどのような構造を取るのか、ということによって材料の使用量や人件費などが変わる事になります。
ただ、この部分はないがしろにすると建築の耐久度に関わることになるため、「適切な」構造のコストカットが求められることになります。

さらに「不要な仕様」の費用の撤廃も重要なポイントです。
住宅において、必要のないようなシステムを排除することも重要で、それらを排除することができれば維持費も含めてコストを減らすことができます。
住宅に求めているレベルは人によって違っているため、それに合わせた仕様を設定することが重要です。

この他にも、商談を簡略化して行えるようにすることによって「人件費」を節約したり、インターネットをマーケティングに活用することによって「広告費」を節約したり、と様々な方法からコストカットを行うことができます。
こういった方法でもって安く物件を購入することができれば、その際に使われるはずだったお金を別のことに使うことが出来るため、より幅の広い新生活への準備を行うことが出来るというのが大きなメリットです。
下記サイトなどで、ローコスト住宅についてはさらに詳しく紹介されています。
>>http://www.mok-house.com/concept

ローコストのポイント

それでは、注文住宅を建築する際に住宅のローコスト化を実現するためには、どのようなポイントに注意するのが良いのでしょうか。
まず重要なのが「平面外形」です。
平面外形が複雑な形になるとそれだけで住宅の建築が行いにくくなり、コストが高くなってしまうことになります。
正方形や長方形、あるいはL字型などの比較的簡素な形を取ることがコストカットを行うためのポイントとなります。

さらに、「間仕切り」についても注意するべき点です。
間仕切りの単位を細かく設定すると、設計や建築のミスが起こらないようにするための注意の必要性が大きくなり、やはり工期を長くしてしまう原因の一つとなります。
その為、わかりやすいようにするために「1メートル」区切りでの間仕切りを行うようにすると良いでしょう。

また、和室を設けたいという場合には大きさが重要なポイントとなります。
この場合には「6畳」で設計するようにするのがポイントです。
畳のサイズの関係で、半畳を用意する必要なく部屋づくりをすることができるのがポイントです。

この他にも、吹き抜けの大きさや屋根の形、階段の段数やお風呂の形状など、様々なポイントで費用のカットを考えることができます。
ただし、何でもかんでもコストカットするべきかというとそういうわけではなく、あくまでも自分の必要な範囲でコストカットを行うようにしましょう。